母のチカラ

【中学受験生の冬休み】元大手塾講師が本音で語る「合格する親」の特訓講座の取捨選択力

こんにちは、mimiです。

中学生の定期テスト対策で寝不足気味ですが、mimicの中学生はめっちゃ寝てて、舌打ちしてしまいそうな今日この頃。
中学受験6年生とその親御さんは最後の追い込みとばかりに頑張る時期ですよね。
いつもカウントダウンするような記事ですみません。
もう、職業病です。

さて、今日はわたしが教育関係のライター時代にいくつか書いたこともあるのですが、元大手塾講師として最後にできるお手伝いをします。
大手塾が冬期講習でおすすめしてくる予感しかしない、「なんとか対策講座」とか「なんとか強化コース」みたいな、本科以外の有料講座のお話です。
第一子のお母さんは全てが必要に思って何もかも取ると思います。
塾の先生が言うんだから間違いない、と何人目でも取ってるお母さんもいると思います。

先に言いますが、それ全部を否定はしません。

ちゃんと結果を出したご家庭が多数あると思います。
でも多分、それを受けてなくても合格したんじゃないかなって気持ちの方も強いです。

・6年冬休みを有意義に計画的に過ごしたいと考える人

・塾の特訓講座を本当に全部取らないといけないのか疑問な人

・みんな選択してるのに講座を取らなかったらすごい差が出るのではないかと心配な人

こんな答えやヒントになることをズバリ書きます。
本当に最後の休みになる、この冬休みで「しっかりした勉強」をしている保護者さんはどんな感じなのかも伝わればいいなと思います。

全ての受験生のインフルエンザ予防対策法~予防投与や免疫力UP!!日常生活の注意点~こんにちは、mimiです。 関西では、高校受験は2月に特色選抜や私立受験、3月に公立高校受験があります。 塾をしていると心配...

塾の特別特訓講座は絶対に取らないといけないのか

先に結論を言うなら、「取らなくてもいい」です。

学校別対策や日頃からあれこれ特別授業講座がたくさん溢れる塾ほど長期休みになると、さらに「特訓講座」が追加される傾向が強い気がします。
わたしの息子の塾は学校別対策すらなく、別の意味で驚きましたが、それでも合格する子はするし、不合格の子は不合格になります。
塾以外に家庭教師や個別専門塾に通う子もいれば、家庭学習で中学受験をする子もいます。
もう、いろいろな形の「中学受験生」がいます。

一番多いのが大手進学塾に通って中学受験ですよね。

冬休みの特訓講座の内容は素晴らしい

大手塾に子どもさんを通わせている、または通っている親御さんならわかると思いますが尋常じゃないレベルで勧誘されませんか。
もう、当たり前のように「もちろん来るよね」って言い方の塾・先生もいると思います。

わたしはその講座自体に価値がないと言いたいのではありません。
むしろ、塾としても合格者を多数出したくて仕方ないんだから、最後の追い込みに適当な授業なんてするはずありません。
選りすぐりの先生が、しっかりした対策をしてくれます。
値段は塾によりますが、だいたい高額でしょう。
その値段を払うだけのことはあると感じる授業をすると思います。
(わたしもしてたつもりですし)

【中学受験】合格者が実際使っておいて良かったと思っている用途別市販問題集~理科・社会編~こんにちは、mimiです。 明日から末っ子が修学旅行とSNSのタイムラインを見て思い出した自分のような母を持つ息子が少し不憫です。...

絶対に受講する必要がないという理由

夏休みもそうですが、長期休みにしかできない、その子その子によって違う「苦手の穴埋め作業」があるはずなんです。

それを、どの子も一括りにして「全員絶対に受講!」というところに疑問を感じるのです。

その講座が本当に必要な子どもは必ずいます。
そんな子は絶対に取るべきです。
6年の冬休みまで、塾内テスト、公開テスト、五木模試の子もいるでしょう。
沢山のテストを受けて、懇談の度にいろいろと子どもの弱点などの話をしてきましたよね。

それでわかるはずなんです、我が子に必要な講座なのかどうか。

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

長期休みにある特別講座を塾がすすめる理由

「合格させるため」

これが1番の理由であることは絶対です。
ここは否定しません。

例えば算数に不安のないすごく得意なA君。
算数は得意だけど、暗記科目に不安があります。
一方、B君は暗記科目も国語も得意。
唯一、算数が足を引っ張ります。

どちらも、総合得点が同じで同じクラスに在籍しているとします。

なぜ、全員同じ特訓講座を受講しないといけないんですか。

この場合、算数特訓講座にB君は意地でも参加するべきです。
でもA君は、算数はもういいから家でじっくり暗記科目をするべきです。

暗記対策講座みたいなものがあるなら、A君は受講するべきです。
でも、B君は算数も一題でも多く解いて勉強してないといけません。

そんなこと、一目瞭然なのに、受講しないなんてあり得ないというような目で見てくる先生がいる理由は1つ。

塾講師もサラリーマンでノルマがあるからです。

自分の講座に人が集まらなければ講座はできないし、塾長に叱られます。
なぜもっと集めないのかって。
塾は合格率を出してこそ、です。
そして会社です。
利益を出さない社員は叱られます(この場合各科担当の先生)
講座ほど儲かるものはないのだと思います。
最後の講座だし、何だか受けないと!!と思う親の心理をうまく動かしているなあ、と思ってみています。

もちろん「うちの塾はそんなんじゃない!!」と、この生徒にはこれ、ときちんとおすすめしている良心的な塾にはあてはまりません。
猫も杓子もクラスも関係なく、講座漬けにしている塾は高確率でコレだと思ってます

ただし、わたしの妄想かもしれないので、ウソかマコトかは自分で判断してください。

【中学受験】算数専門塾や国語専門塾ってどんなところ?~気になる内容やお金のこと大公開~こんにちは、mimiです。 わたしの自己紹介はこちらからどうぞ☺ ようやく中間テストが落ち着いたら、実力テストする学校が多く、学...

合格に導くお母さんは講座の取捨選択をしている

塾が何と言おうと、冬休みに「これをしなければヤバい」と考え、その通り動く親御さんは気持ちよいくらいキッパリとお断わりされています。
わたしが働いていた塾でのことで、2018年受験組のお母さまです。

灘中合格のために、塾はもちろんご自身で調べて動くお母さまでした。
算数が得意な息子に「灘特訓」のような算数講座を過剰に勧められ、お怒りでした。
「お金あげるから黙って!」ぐらいの勢いでお断わりをされていて笑ってしまいました。
理科生物単元と国語記述に不安があったため、冬休みはほとんど本科の塾に行かせてなかった気がします。
もちろん子どもは、塾にも友だちにもあれこれ言われます。
ここで気弱な子は心が折れそうになりますが、スーパーハードな勉強をこなしてきた彼は、合格さえすればみんな黙る、と無言でやり過ごしたようです。

この子は灘を受けるような子だから、と思われるかもしれませんが、2017年受験組には関関同立附属中の数名が受ける講座はこれとこれ、と決めて家での勉強としっかり分けていた家庭があります。
わたしが働いていた塾より噂を聞くに、ノルマの厳しい塾のはずです。
附属中講座は結構充実してるんですよね。
それよりもやはり、自分で暗記を取らないといけないぐらい暗記が曖昧だったようです。

お母さん(お父さんでも)が、選択講座の必要かそうでないかを見抜く目を養ってほしいとこの時期になると思います。

【必読】現役灘生が学校の魅力を伝えます!読むと勉強・合格したくなる!~入試のこと・文化祭のこと~こんにちは、灘高校に通う現役灘高生です。 1月に関西統一入試があります。 いま、塾などで一番特訓されまくってくじけそうになる時期...

まとめ

講座自体は本当に良いものなんで、受けたから損をするなんてことは絶対にありません。
得意な子は武器になるでしょう。

その講座に追われ過ぎて、本当に必要なところを出来ないことが一番こわいんです。

暗記って、1人でやるべきだと個人的には思います。
丸暗記できず、説明が必要なら、マンツーマンじゃないとそんなのは叶わないと思いますし。
集団授業の限界みたいなものは絶対にあるんです。
それなら家庭学習で出来ることをする、ぐらいの力は6年冬にはついているはずです。

わたしは塾になんの恨みもないし、今でも自分でも受けたいと思うぐらい素晴らしい先生の授業ばかりです。
でもね、だからこそ取捨選択をしてほしいのです。
必要な子にはしっかり、必要ない子は自分に必要なことをきっちりやってもらいたい。

そして、1月の統一入試の日には絶対に最高の状態で挑んで欲しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村